So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

富士見日数9月 [富士見日数]

fujiminissu3.jpg9月の朝7時頃に自宅から富士山が見えた日は12日で、9月単月の記録を更新しました。

2011年の累計はもう105日になります。9月までの最高値であるとともに、過去の10月までの最高値(2004年の102日)さえ超えています。


富士見日記:
http://www.hiyorimi.com/fujimi.html

富士山の不思議な雲 [空もよう]

20110930_054619.jpg朝、富士山方面に見られた不思議な雲は、、、



fuji20110930_0549_1.jpg三ツ峠のライブカメラ画像((C)NTT DOCOMO)によると、富士山のつるし雲でした。笠雲もかかっています。

上の写真は富士山を西方面から、下のライブカメラは北側から見ています。



■富士山ライブカメラ(三ツ峠)
http://camera.mvkofu.com/cgi-bin/livecam.cgi

一瞬の朝焼け [空もよう]

20110926_053020.JPG日の出前の短い時間、雲が赤く染まりました。

彼岸花、赤とんぼ [季節の便り]

20110925_141125.jpg尾根緑道両脇の雑木林は台風15号の影響で荒れていましたが、彼岸花はいつものところで咲いていました。



20110925_142931.jpg草地の上では赤とんぼが飛び回っていました。

彩雲 [空もよう]

20110925_110622.jpg太陽に近い雲が淡く虹色に輝きました。

天体衝突と恐竜絶滅 [朝カル]

朝日カルチャーセンターの講座「地球史 - 46億年の大変動」の第4回目、「天体衝突と恐竜絶滅」を受講しました。講師は引き続き田近英一さん(東大)。カリキュラムは、
いまから6500万年前、直径10kmの小惑星が地球に衝突したことは、もはや疑いようのない事実である。そのときいったい何が起こったのか。恐竜はどのように絶滅したのだろうか。過去30年余りの研究によって明らかにされてきた知見を紹介する。

・地球への天体衝突は過去頻繁に発生しており、衝突クレーターは地球全体に分布している。
・白亜紀/第三紀(K/T)境界で生物種の70%が絶滅した(恐竜だけではない)。
・K/T境界層のイリジウム異常濃集から天体衝突が原因と考えられた。
・メキシコ・ユカタン半島の地下で直径195kmの衝突クレーター(チュクシュルーブ・クレーター)が発見された。
・衝突天体の起源は、約1億6000万年前、小惑星バティスティーナ(直径約170km)に直径約60kmの小惑星が衝突して無数の破片が生成、バティスティーナ族が形成、その破片のひとつが約6500万年前に地球に落下した。
・衝突の冬により食物連鎖が崩壊し、生物種の大量絶滅が起こった。
・衝突地点は浅海域(<200m)であり、衝突により巨大津波が発生した。津波堆積物はメキシコ湾からカリブ海にかけてたくさん存在している。
・津波高は最大300mで北米大陸の300kmまで侵入したと考えられている。

なお、衝突天体の起源に関して、バティスティーナ族ではないことが証明された、との論文がつい先日をNASAから発表されました。

赤外線天文衛星「WISE」の観測では、バティスティーナの衝突破壊は8000万年前に起きたという結果が得られました。8000万年前から地球に衝突する6500万年前までの1500万年では、破片が小惑星帯から地球に到達するには時間が足りないんだそうです(数千万年かかると見積もられている)。

■恐竜絶滅させたホシ探し、有力候補は潔白だった
http://www.astroarts.co.jp/news/2011/09/22baptistina/index-j.shtml


新版 再現!巨大隕石衝突―6500万年前の謎を解く (岩波科学ライブラリー)

新版 再現!巨大隕石衝突―6500万年前の謎を解く (岩波科学ライブラリー)

  • 作者: 松井 孝典
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2009/02/10
  • メディア: 単行本



「光より速いニュートリノ」計測 国際研究グループ発表 [宇宙・天文]

CERNの加速器を使った実験で、ニュートリノの速度が光より0.0025%速いことを示す結果が得られたとのこと。

本当でしょうか!?

24日の朝日新聞朝刊紙面には、16万光年離れた大マゼラン雲で発生した超新星爆発(1987A)の際には、光とニュートリノはほぼ同時期に地球に届いた。もし今回の観測が正しければ、ニュートリノの方が数年早く飛来したはず。実験誤差ではないか、との解説記事が載っています。


富士山初冠雪 [季節の便り]

20110924_061340.jpg富士山がうっすらと白くなっています。初冠雪です。

平年より6日、昨年より1日早いそうです。



多摩丘陵からの日の出 [空もよう]

20110924_053553.JPG太陽が多摩丘陵からちょうど顔を出しました。



20110924_044107.jpg月齢25.7。肉眼ではよく分かりませんでしたが、写真には地球照がはっきり写りました。

北極海の海氷、過去2番目の小ささに [地球・環境]

今年の北極海の海氷面積は、2007年に次いで2番目に小さかったそうです(米国立雪氷データセンター(NSIDC)発表)。

同様のニュースは、地球観測研究センター(JAXA/EORC)のWebにも掲載されています。海氷縮小により、ロシア側、カナダ側の両方の北極海航路から海氷が消失したとのこと。

このような状況の中で、ウェザーニューズ社では、北極海航路を運航する船舶を支援するために、北極海の海氷を観測する超小型衛星を2012年9月に打ち上げるそうです。

気候変動が人間の活動を変化させ、それがさらに地球環境に影響を及ぼしていく、そんな感じがします。

■北極海氷の面積 観測史上2位の小ささに(密接度は過去最小)
http://www.eorc.jaxa.jp/imgdata/topics/2011/tp110920.html

■来秋、北極海航路を支援する超小型衛星打ち上げ決定
http://weathernews.com/ja/nc/press/2011/110915_1.html