So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

富士見日数4月 [富士見日数]

fujimi201204.jpg4月の朝7時頃に自宅から富士山が見えた日数は10日でした。

2012年の累計は57日です。

富士見日記:
http://www.hiyorimi.com/fujimi.html

新緑の福山城 [散策・旅行]

20120430_142847.jpgちょっと古里に帰っていました。

帰りの福山駅新幹線プラットフォームからの福山城です。

ひとりごと [その他]

20120424_202941.jpgあることがあって、あることに向けた歯車が少し回り出しました。そのうちはっきりするでしょう。

ねっ、ミーちゃん。

でも、ミーにとっては大変な出来事が待っているかも・・・

雑木林の小さな花たち [季節の便り]

20120424_050417.JPG雨上がりの清々しい朝になりました。

昼間は汗ばむ初夏の陽気で、最高気温は22.7℃まで上がりました。



20120424_102838.jpg多摩丘陵はパステルカラーに包まれています。



こんな日は散歩に限ります。今日見かけた雑木林の林床に咲く小さな花たちです。

20120424_092250.jpg 20120424_100243.jpg
フデリンドウ                    ジュウニヒトエ

20120424_105338.jpg 20120424_140509.jpg
ニリンソウ                    イチリンソウ

20120424_132645.jpg 20120424_131354.jpg
チゴユリ                    タマノカンアオイ

20120424_142606.jpg 20120424_144025.jpg
ヤマルリソウ                    スミレ

浮間 - 思い出めぐり (その2) [散策・旅行]

20120421_111301.jpg浮間は、以前の面影を残している場所もありましたが、全く景観が変わってしまった所も多くありました。

最も変わったのは多数の高層マンションでしょうか。浮間公園の横にもこのようなタワーが建っていました。



20120421_122125.JPG浮間の南側には新河岸川が流れていますが、川沿いを歩いていると、対岸(板橋区側)に「小豆沢水上バスのりば」、というのを見つけました。こんなのあったかな?



waterbus.jpg後でWebで調べてみると、水上バスで東京を巡るコースの発着場になっているんですね。

このコースなどは面白そうです。運航日は限定されているようですが、機会があれば、乗ってみるかな。

すっきりしない天気 [空もよう]

20120422_080520.jpgすっきりしない天気が続いています。



20120422_102532.jpg団地の周回道路脇の八重桜が咲き揃ってきました。

陽射しがないのが残念です。

浮間 - 思い出めぐり [散策・旅行]

20120421_104330.jpg中学生の頃に住んでいた浮間(東京都北区)に行ってきました。

ブラタモリの昨年の放送、第3シリーズ第4回 「荒川/柴又をブラタモリ “都会を流れる大河の秘密!” 後編」に浮間がでており、懐かしくなって、一度行ってみよう思っていました。

下車駅はJR埼京線浮間舟渡駅。舟渡って何だろうと思っていましたが、駅が北区浮間と板橋区舟渡にまたがっているためについた駅名でした。

通った中学が駅のすぐ裏にある(というか、中学校のすぐ横に埼京線と新幹線が通ったいう方が正確)のですが、板橋区との境だったとは知りませんでした。


20120421_104507.jpgその昔、荒川は浮間で大きく蛇行しており、浮間は荒川の左岸にありました。

荒川に突き出た形が浮島に見えたことから起きた地名だそうです。かつては「浮間ヶ原」と呼ばれサクラソウの名所でした。



20120421_114222.jpg昭和の初めに、荒川が直線化された際、浮間は荒川右岸になり、川の名残として浮間ヶ池が残りました。

昭和42(1967)年には浮間ヶ池を含めた周辺が都立浮間公園とされました。
中学入学の年だ!



20120421_105844.jpg浮間ヶ原桜草圃場では、ちょうどさくら草祭りが行われていました。



20120421_103507.jpgブラタモリでも紹介がありましたが、荒川改修前はたびたび水害に見舞われたため、石垣の上の一段高いところに家を建てたそうです。水塚と呼ばれます。

また、昔はどの家にも、洪水時の避難用の船が、軒下につるされていたそうです。



20120421_112640.jpg荒川土手に上がると、ヒバリが盛んに囀っていました。



20120421_112015.jpg荒川対岸の川口市辺りには高層ビルが林立している風景が見られます。



20120421_135503.jpg岩淵水門まで荒川土手を歩きました。



20120421_141318.jpgこの写真は新荒川大橋から下流の眺めです。

左が荒川本流(荒川放水路)、右の赤いのが旧岩淵水門、青いのが新岩淵水門で、隅田川への流量を調整し、流域を洪水から守っています。


 ◇

浮間に住んでいたのは、昭和42(1967)年からの2年半、もう45年も前のこと。

父の転勤で、郷里の駅から準急「びんご」で大阪まで行き(山陽新幹線開通前)、東海道新幹線に初めて乗り、京浜東北線に乗り換え赤羽駅に降りました。

「巨人の星」の連載が始まったのもこの頃。「びんご」の中で、冒頭の場面、長嶋選手の巨人入団会見で星飛雄馬が魔送球を投げつけたシーンを読んだことを覚えています。

太陽が冬眠? 周期的活動に異変、地球に低温期到来か [朝日新聞] [宇宙・天文]

20日は二十四節気の穀雨。春の雨が穀物を潤す頃の意味ですが、はっきりしない天気が続いています。

そんなとき、こんな記事が新聞に出ていました。

17世紀頃には黒点が少なく、地球は寒冷期にあった、そんなマウンダー極小期の再来、とも言われているようです。

地球温暖化抑制の可能性もあるとのことですが・・・

太陽観測衛星「ひので」、太陽極域磁場の反転を捉えた:
http://hinode.nao.ac.jp/news/120419PressRelease/


スペースシャトル「ディスカバリー」、ラストフライト [AFP BBNews] [宇宙探査]

B747に背負われてのラストフライトです。
「ワシントンD.C.上空を約1時間にわたって旋回した」というあたりが、米国 or NASAの思い入れがスゴイ、などと思ってしまいました。
今後は、ワシントンにある国立航空宇宙博物館で展示される予定とのこと。


穏やかな夜明け [空もよう]

20120418_042143.JPG細い月が、夜明け前の東の空に、また巡ってきました。

縮小前の画像では、地平線少し上に水星が微かに確認できました。



20120418_051127.jpg顔を出したばかりの太陽は全く眩しくありません。



20120418_051426.jpg霞たなびく、穏やかな春の夜明けでした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。